アリス・イン・ワンダーランド

プレゼンテーション

アドベンチャー – ニンテンドーDS – 2009
レベルデザイナー、ゲームデザイナー

タスク

  • レベルデザインやキャラクター能力の設定
  • リードゲームデザイナーと主なゲーム機能の設定
  • メトロイドヴァニアのゲームとレベル進行の企画
  • レベルの難易度やバランスの調整、仕様書。
  • 実装
  • SFXの探究や設定

習ったこと

  • ダメになってきそうだったプロジェクトを助けるために自分の立場を超えて口を出すこと

チームとはWiiのバージョンにくらべニンテンドーDSのスペックに即することが出来るような独自なアートでパズルプラットフォーマーゲームを作り出しました。

メトロイドヴァニアとして大事なところはレベルの迷路要素です。しかしそれはレベルだけに当てはめるだけなくゲームワールド全体にあてはめるようにしました。ゲームワールドはジグソーパズルの駒から成り立っています。
一枚の駒は一つのレベルに相当するであり駒を繋ぎ合わせば次のレベルまで道を作れます。プレーヤーは別な駒と繋ぎあわせることができるので近道や隠れている所などを見つけ出すことができます。
全部の可能性を確かめることや駒のかたちに似ているような内容のレベルをつくるのはとても難しい作成でした。一番難しかったことはどうしても駒をつなぎ合わせるときにレベルがいつでも難易度の良い累加を快調にまもるようにすることでした。

スクリーンショット

トレーラー

Manuel Utsunomiya Bonisoli ⓒNut Island Studio
Powered by: Grav, Foundation 6 and the Bones theme